1. home
  2. こだわり
  3. 彩りのりんご園
  4. 紹介していただきました
  5. 商品のご注文
  6. イベント情報
雪が解けてりんご園に黒土が姿を現す4月中旬に土づくりの為、たい肥を散布します。また薬剤散布も行いますが、病害虫からりんごを守る為に必要な最低限の回数にととめ ております。
当園の受粉作業は蜜蜂によって行っております。樹の下は表土の保護と有機物補給の為、草生栽培にしており草刈は春から夏にかけて2週間に一度行っております。これらの作業を経てたくさん実ったりんごの中から発育の悪い物を摘果し発育と着色の向上を図ります。
当園の受粉作業は蜜蜂によって行っております。樹の下は表土の保護と有機物補給の為、草生栽培にしており草刈は春から夏にかけて2週間に一度行っております。これらの作業を経てたくさん実ったりんごの中から発育の悪い物を摘果し発育と着色の向上を図ります。
1月末から3月にかけ、今年りんご栽培の最初の仕事となる剪定作業を行います。日光が樹の隅々まで行き渡るよう丁寧に剪定しており、良質なりんごを作る為に最も重要な作業です。